Photoshopに持ち込んでGIFアニメ
AIデータからのアニメ作り part2

今回は、flashでなくGIFアニメ作りの巻です。

1.前回使用した「woman_ani.ai」(サブレイヤーに分配済みのもの)を開きます。
2.「ファイル」→「書き出し…」→ファイル形式「Photoshop(psd)」を選択、
「Photshop書き出しオプション」でレイヤーを保持にチェックを入れ、書き出します。

 

書きだしオプション

 

3.出来上がったpsdファイルを開き、ポーズ別にレイヤーが作られていることを確認します。
4.Photoshopのメニュー「ウィンドウ」から「タイムライン」を開き、「フレームアニメーションを作成」をクリックします。

 

タイムライン画面

 

5.サブレイヤーの数だけフレームを追加し、表示させたい順にレイヤーの表示・非表示を設定してゆきます。フレーム単位の表示秒数、全体のループ回数など前回より細かな設定が出来ます。これは10年ほど前のImageReadyの機能がPhotoshopに組み込まれたもの。

 

タイムラインアニメ

 

6.全ての設定を終えたら、「ファイル」→「Web用に保存…」→プリセット「GIF128ディザ」で保存します。ここでは保存ダイヤログで「画像のみ」を選択しました。

 

gif128

 

%e6%9c%80%e9%81%a9%e5%8c%96%e3%83%95%e3%82%a1%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%82%92

 

woman_ani

次回は、「AIデータからのアニメ作り」完結編。
元絵を加工し、少し手間をかけたGIFアニメを作ってみましょう