イラスト改造に挑戦!
アートブラシで手描きの風合いを加える

たいそうなタイトルをつけましたが、なんということはありません。
塗りだけで表現されている絵に輪郭線をつけて、手描き味を加えてみようという試みです。

ブラシで輪郭1

1.商品番号:110801/商品名:亀山さんの一つを選び、新規ファイルにペーストして保存します。続けてレイヤー1を複製(レイヤーウインドのプルダウンメニュー「レイヤー1を複製」を実行)し、再び保存します。

2.「レイヤー 1のコピー」レイヤーの塗りを順次線に置き換えて行きます。
ここでは線の色として茶色を選択しました。これで塗りのオブジェクトの上に茶色の輪郭線が入ったデータが出来ました。後は輪郭線を任意のアートブラシで指定してゆくだけで様々な筆致の輪郭線が出来ます。(作例は、クレヨン調の自作ブラシを使用しています)

3.実際に作業するとわかりますが、ひとつのブラシを極端に長さの違う線に適用すると太さが変わって別のブラシのようになるので、なるべく全長を揃えるように調整しましょう。図版では肩のラインを長くするため、赤ラインのように描画して襟の下に配置しています。

ブラシで輪郭2

4.手描き風の味わいを活かすため、服の色を削除、線だけで終わっている部分を作りました。さらに、アクセントをもう一味加えるため、側面のみ別のラインデータを作り別ブラシを適用します。(ここでは、アート_木炭・鉛筆の一つを使用)

5.側面ラインデータを最下面に配置し、完成です。

このテクニックは、こまごまと描かれた絵には不向きのようです。
シンプルに、ざっくりと描かれた絵や器物・小物の類いに使うと面白い効果が期待できると思います。